皆既日蝕

46年ぶりなんですね?  日本で見られる皆既日蝕・・・ 自分で 過去に見たような気がしてたのは、          部分日蝕や 海外の映像だったんですね きっと 梅雨のこの時期 天気が悪いという予報だったのが  思いがけず 雲が薄くなり 日差しが見えるようになってきたので あわてて、観察用の道具を作りました 長野では約70%の部分蝕   紙パイプ ―陶器を包むパッ…

続きを読む

真夏の花

昨日の 天気予報 では   降水確率 20% だったのに 朝から雨です。 てるてる坊主も かけておいたのに  おかげで  昨日刈った  草を片付ける予定が・・・・・  草がぬれてしまいました  今、自宅の駐車場の上には 「ノウゼンカズラ」が 満開です。 頭よりも低く 枝垂…

続きを読む

 登山人気  

 北海道 大雪山で集団遭難がありました。   -トムラウシ山-   登山趣味の 中高年の方ばかり  10名もの方が             同じときに亡くなってしまったのは、 天候 気象の 不運なめぐり合わせという部分が大きいのかな? とは 思いますが、 やはり山登りを あなどっていたのだと思います。 自然を相手にするうえで、油断があったのかもしれません。 …

続きを読む

暑い!!

昨日 梅雨明けが発表された。   ホントに? って感じだったけど 今日は、まさに梅雨明けの真夏日 今年一番の暑さだそうです。  35度を超えました!   猛暑日!       しかもそんな日に 昨夜から 窯焚きです・・・・                …

続きを読む

 脅威の捕食者

朝 仕事場に着いて 車から降りようとすると外が騒がしい。 見ると、薪が積んであるあたりで蜂が ブンブン 飛び回っている!   なんと スズメバチが アシナガバチの巣を襲撃していました。  巣の持ち主の アシナガ は なすすべなく回りを飛び回っています     アシナガ蜂の幼虫を 食べています。   幼虫を一匹食べつくすと スズメバチは 飛び去っていきました …

続きを読む

 夏も近づく八十八夜

時の経つのは早いもので、去年一人分の茶摘をしてから もう一年! 八十八夜ならぬ、百二十五夜くらいですか?  茶摘をしました。                    去年は、蒸が浅くて味が出なかったので、今年は深蒸茶にしました。 今年は 2~3回分 あるかな?                       早速 一服      少し残…

続きを読む

雹(ひょう)   ・・・お宝 付・・・

    快晴だったのに、12時半ごろ突然雷鳴が轟き             雹まじりの雷雨になりました。  雹に当たって、屋根やボンネットがゴルフボールのようになった     車を見た事があったので、車は木陰に非難しました。          大きい物は 直径1.5cm 位あります    昨夜、 「252-生存…

続きを読む

サンパチェンス

毎年 朝顔の代わりに作っていた「なた豆」を今年は作らなかった。 ちょうど、その時期すごく忙しくて、余裕が無かったのだ。 替わりに、何かいいものはと考えてると、 JAに 「サンパチェンス」と言う聞きなれない名前の苗をみつけた。    「インパチェンス」というのは聞いた事があるが・・・   たくさん置いてあったが、CO2を吸収する・・・と書いてあった。        …

続きを読む

1年1度の繁忙期が終わり・・・

仕事がら、年度末前後は一番需要の多い時期です。 おかげさまで、今年の春も例年並にお客様に来て頂きました。 加えて 春は、この地区のアンズの花見シーズンも重なり、 忙しいながらも、充実した毎日でした。 そのせいで、今になって、在庫が底をついて来て、 毎日制作に追われています。 今日も2回続けての窯焚きあけ、  ぼ~!!としています。 昨日 窯出しをして その直後窯…

続きを読む

11年前

今の工房がスタートした時、 冬季長野オリンピックの年でした。 ちょうど、そろそろお昼休みだねとスタッフと話してた時 工房から見下ろす善光寺平に轟音が響いて なんだろう?と見下ろすと対岸の山陰から数機の ジェット機(ブルーエンジェルス)が地を這うように現れて、 オリンピック開会式場の上を五色の煙をたなびかせて 通り過ぎて行きました。 まったく、数秒の出来事ですが、そ…

続きを読む

アイドリング・ストップ

アイドリング・ストップってみなさんは やってます  助手席の人間が、手短な用事で戻ってくるまでの間とか ちょっとコンビニで買い物をする間 車のエンジンを止めるとか、 信号待ちの間とか、踏み切りで待つ間にエンジンを切ることです。 コンビニなんかでエンジンを点けたままの人はさすがに少なくなっている気がします。 でも赤信号や踏…

続きを読む