GODZILLA 2014 3D


昨日 夜の回で「ゴジラ」を観てきました。

前回の「Godzilla」アメリカ版は、ゴジラをハリウッドが作ったら
どうなるのだろうという 期待を込めて観に行って大コケした 
という経緯があって、ハリウッドでは98年のゴジラは
なかった事になっているようです。

なので あまり過度な期待は持たずに行ってきました。

画像


でも 今回は大丈夫でした、 観るに耐えられます。

というより とっても良く出来ていました。

特に姿が良かったです オリジナルの日本版ゴジラに忠実で。

いくら科学的に不自然だ、と言われようとも

ゴジラはやはりこうでないといけません。

前作では ジュラシックパーク出身 か?

イグアノドン が でかくなったのか?という てい でしたから・・・


画像

顔こそ アメリカ版らしく 可愛げがなくバタ臭いけれど・・
足は太く短く、人のように直立して歩く  これがゴジラです。


そして 劇中「芹沢教授」役の 渡辺 謙さんが

監督の「英語調の発音で」という指示にも あえて

日本語調ではっきり 「ゴ・ジ・ラ」 と呼んでいるのも嬉しい

ゴジラはやっぱり 「ガジィーラー」 じゃぴんとこないモンネ!

最後には監督も 拍手を送ってくれたんだそうだ



そして、ゴジラの必殺技 「放射能ビーム」 も復活しています。

劇中2度だけでしたが かっこよかった!

「放射能ビーム」  を観た時は 感動すらおぼえました。

そしてあの独特の「ゴジラの咆哮」も 大迫力で再現されてます



日本で第1作目が作られたのが僕の生まれる前年だったそうで

幼いころから、ゴジラとウルトラマンで育った僕には

懐かしいゴジラが ハリウッドの最新のフルCGで 

しかも3Dで帰ってきたということで、感動しました。



少し意外だったのが 観る前は てっきり 人間対ゴジラの戦い

という構図かなと思っていた(前ハリウッド版がそうだったから)

しかし今回は前作とは まったく別物になっており

日本人独特な感性を取り入れたかに見えるシナリオであった。


ゴジラとは別に 「ムート―」という怪獣が 出て来るのだが
(ムートーは ちょっと ギャオス に 似ている)

いわば 「ゴジラ対ムート―」という筋書きなのです。


これ以上はネタばれになるので控えますが、


最後 「ゴジラ」は 静かに海に帰って行くのでした。

「モスラ」や「ガメラ」が静かに立ち去って行ったように・・・・


まさに 「日本の怪獣映画」 が 見事に甦った思いがしました。




DVDが出たら 繰り返し見たい1本です。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント