白いワイシャツ

仕事柄、白いワイシャツなどは1年に数回、

冠婚葬祭の時に 着るくらいである。



ちなみに、ワイシャツの語源は ホワイトシャツ ~→ ワイシャツ

と いう事は 白いワイシャツという言い方は 

本来は 重複語として 間違った言い方になってしまいます。


先日 ワイシャツを いつものクリーニング店に出しに行くと、

「あーよかった、来てくれて」 と 店のおばちゃん。

「預かってたシャツが、アイロンに失敗して・・・・」とシャツを出す

画像



画像


両袖と、背中の真ん中に アイロン台の模様だろうか、クッキリと

きっと素材を確認せずに、流れ作業で普通のワイシャツ同様に

高温のスチームアイロンをかけてしまったものだろう。


僕の持ってるYシャツの中では 珍しく 少しばかり高級品?で

汗かきの私には 風通しが良く、夏用として気に入っていた。

「パイレン トリコット」という生地でできていて、ポリプロピレン製

大変軽く 汗をかいても貼りつかず、サラッと涼しく着られるのです

画像



後日 クリーニング会社から電話があり、「あきらかに 当社のミスですから代金を弁償します。いくら位で買われたのですか?」

そう言われても 昔の事で覚えていない。 「さあ?」 と いうと

「新しいものを買えるくらいのお値段として 5千円でどうでしょう」

まあ、同等の物はとても買えないと思うが、年数も経過してるので

納得する事にする。


時どき クリーニング事故の事は耳にするけれど、年に数回の

Yシャツと 礼服 スキーウエアを出すだけの自分が

こんな事故に遭遇するとは・・・・  運勢が落ち目なのか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント