ALWAYS 三丁目の夕日

6~7年前発表された 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」は

たしか その年の映画賞を 総なめにした。

その3作目になる「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観てきた。

1作目の「・・三丁目の夕日」は東京タワーの建設中という時期

2作目の「続・三丁目の夕日」は東京タワーの完成直後の時

3作目は タイトル通り ’64(昭和39年)のお話である

3作とも自分自身にとっては、生まれ育った時代にダブるのだ


画像



しかし1・2作はあまりに小さなころのため やや実感がうすいが

昨日観た「三丁目の夕日’64」は私が9歳の年でリアルに懐かしく

そして 「東京オリンピック」の開催年なのです。


映画にも出てきた開会式でのブルーインパルスが東京上空に

五色の煙で描いた五輪のマークは、私もテレビで見ていました。


今回は3Dになっており この映画でどうやって3D効果を生かすのか

正直疑問に思っていましたが ブルーインパルスが観客席の後ろへ

飛び去って行ったり、東京タワーの先端が手の届くところに出て

きたり、赤とんぼがまわりを飛びまわりました。



ストーリーとは別に、コーラの自動販売機や懐かしい自動車の数々

各種小物も当時の思い出につながる物が次々でてきて懐かしい。

ネタばれになるので、ストーリーはあえて触れないが、グッと来たり

ホロっとさせられるところが多く かなり泣かされてしまいました。


1作目の出来の良さに比べ、続編はやや失速した感があったが

今作はふたたび やや盛り返した感じがしました  ☆ 4つ


同時に「麒麟の翼」も上映していて どちらにしようか迷ったのだが

どちらが大きなスクリーンで見た方が良いか考え「三丁目」にして良かったと思う

「麒麟の翼」は 次回もしくは DVDで是非観たいと思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント