皆既日蝕

46年ぶりなんですね?  日本で見られる皆既日蝕・・・

自分で 過去に見たような気がしてたのは、

         部分日蝕や 海外の映像だったんですね きっと

梅雨のこの時期 天気が悪いという予報だったのが
 思いがけず 雲が薄くなり 日差しが見えるようになってきたので

あわてて、観察用の道具を作りました 長野では約70%の部分蝕

画像
  紙パイプ ―陶器を包むパッキンのロールの芯― にピンホール

画像


画像


蝕が最大になる時間は 雲が厚くてよく見えませんでしたが

逆に雲越しに 肉眼でも見ることができました。


最大の皆既日食になるというので
  人が押し寄せたことで 一躍有名になった「悪石島」 
        梅雨前線が南下して前線の真下に入ってしまいました



しかし 見られた人も 残念ながら見られなかった人も、

    今はTVで 充分な映像が 見られる時代なんですね。


NHKの中継番組で 硫黄島と 太平洋上にいる船の上からの

皆既日蝕の映像を見ましたが、身体が震えるほどの感動でした。

みんなが 大騒ぎで、海外にまで出かけても 見たいという気持ちが
わかった気がしました。

TVの映像で あれだけ感動するのだから、実際に体験できたら

どれほどの感動なんだろう、体験してみたくなりました。 



でも、次 日本で見られるのは 26年後だそうで・・  80歳か・・・

                          生きてるだろうか?   




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント