ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • トト

    素敵ですねぇ~

    画像だけじゃなく 音楽を聞きながら見ると
    また全然違って見えたりして・・・
    いい曲ですね♪♪♪

    親ばか振り…結構じゃないですか!
    見ていて私も幸せな気分になりました(#^.^#)
    2007年11月02日 20:41
  • アンジュイク

    いいものを見せていただきました。
    バイクの部品を買いに出かけた主人と昼寝中の子供達の居ぬ間に拝見したので、ちょっとホロッと出てくる涙も我慢せずに済みました。

    音楽の歌詞をたどって、うちの子供達が生まれた時、そして始めて彼らを抱いた時の私はどうだったか、、再び思いました。で、それはやっと落ちたー、といったかなり安堵の気持ち。彼らを抱きながら落ちてくるのがちょっと遅かったわよー、とほとほと疲れながら思っていました。なので、涙を流すということは2回ともなかったのでした。一方主人は一人目のときに娘が気絶して出てきてすぐに別室に連れていかれたので死んだかと思ったらしく、産後ぼうっとしている私の脇で涙を浮かべながらかなり動揺して室内を動き回っていたのをかなり鮮明に覚えています。。

    なんか、私ごとを書いてしまいました。
    息子さん、シャボン玉、上手ですね。1ヶ月前にワインのお祭りに居た大道芸人のシャボン玉なんかよりよっぽど上手です。
    あと、ウサギを抱っこする息子さんの瞳が実に純粋で可愛いですね。
    親ばか、万歳です。
    2007年11月02日 22:04
  • あまかざり

    トトさん
    音(音楽)をブログにアップできることを知って、なんか無理やり1ページ作った感じなんです。
    すみません。
    でも、ホッとしてもらえたら嬉しいです。

    2007年11月03日 03:11
  • あまかざり

    アンジュイクさま コメントありがとう。
    僕も出産の時、その予定ではなかったのですが、看護婦に促されるまま分娩室で初の子の出産に立ち会ったのです。

    後から考えると、今までの人生の最大の出来事でした。
    大げさかもしれませんが僕の人生のもっとも大きなモニュメントでした。
    生れ落ちてその子の姿を見て、泣き声を聞いて
    身体の中の血が一瞬で入れ替わったのかと思うぐらい、価値観が劇的に変わりました。

    それまでは自分中心だったのが、これからは この子の為に生きるんだと感じました。

    やっぱり、親ばかですね。

    2007年11月03日 03:20
  • moegi

    今まで生きて来て一番感動したことは?って聞かれたら迷わず“胎動を感じた時”と答えていました。自分の体の中に新しい命が宿り生きていることの不思議を感じた瞬間です。

    そのときから沢山の感動を与え続けてくれた子供たちに感謝しています。子育ての苦労が吹き飛ぶくらいの感動です。

    生まれた瞬間。
    初めて立った瞬間。
    初めて歩いた時。
    初めてパパ、ママと呼んでくれた時。
    あまかざりさんの日記は
    過ぎてしまった大切な時間を呼び戻してくれました。

    親ばかだからこそ命を育むことが出来るのだと
    思います。感動をありがとう!!

    その陰で子供に恵まれないご夫婦のお友達もいます。そんな切ない思いも同時に感じました。
    2007年11月03日 08:59
  • あまかざり

    moegiさま
    おっしゃるとおりですね。
    そして、女性は身に子供が宿ったことを自覚した時から親になる。
    男は生まれた子を抱いた時から親になり始めるという先達の言うことが、その通りなんだと自覚しました。
    これからまだまだいろいろ苦労を、心配を掛けられるだろうと思いますが、このときの感動や幸せを思い出して乗り越えて生きたいものです。
    moegiさま コメントありがとうございました。



    2007年11月03日 09:17
  • トト

    あまかざりさま
    再びお邪魔します。

    子供が授かり、生まれてくる事って凄い事ですよね。
    皆さまのコメント、あまかざりさんのコメント返しを読み感動!

    そして・・・ここでmoegiさまにコメントすることをお許し下さい。
    moegiさまの最後の言葉に私は感動し、優しさを感じ、ありがたく…パソコンの前で泣いている自分がいました。 
    moegiさまは、大好きな方です(パソコンの中で一目惚れってあるんですね)
    ここでより一層大好きになりました。

    あえて、この素敵な日記の場所でコメントしたかった気持ち・・・解ってくださいね。
    2007年11月03日 09:22
  • moegi

    あまかざりさま
    トトさま

    あまかざりさんからメッセいただき飛んできました。
    ありがとうございます。
    素敵な日記には素敵なコメントが集って…
    感動しています。

    トトさんの気持ちが嬉しくて私も涙あふれてしまいました。


    2007年11月03日 10:11
  • 龍洸

    ご無沙汰しております
    音楽を聴きながらコメントしております

    残念なことに、子どもの事を思い出しながら読ませて戴きましたが、15歳で東北岩手から関東千葉鴨川に来て40年過ぎては早いですが
    思い出してみて子ども達今では各自2人ずつ
    子どもが出来て楽しくやっている様子

    私は鴨川に来て土地を買うこと家を建てること
    人のやらないこと、出来ないことを、やってみたいと思い」子ども、妻達に寂しい思いをさせてるんだとつくづく思いました

    だけど自分としてはコレから戻るわけにも行かずひたすら前に進んで行きたい
    多分子ども達も判ってくれているのではないかと勝手に思っています・・・・・・
    子どもの時にもっと遊んであげたら・・・・
    でも目的が達成できなかったのかも・・・・・

    どっちが良いかと今思うと・・・・・・・・
    土地や家よりもいっぱい、いっぱい遊んでやってあげた方が良かったな~と思います

    結果論で過ぎた時間は戻らないことは判っていますが、もしも戻れるのであれば遊んであげたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    2007年11月03日 16:46
  • あまかざり

    龍洸さん  こちらこそご無沙汰です

    もうお孫さんがお子さんそれぞれに
    二人づついらっしゃるんですね

    立派にお子さんを育てていらっしゃって
    今お孫さんを抱くことができるのですから
    龍洸さんの人生は充分意味も価値もあったのだと思います。

    ネット上ですこしばかりのお付き合いですが
    龍洸さんのお人柄は充分現われていますし、
    きっとご家族もそれなりに不満はあったとしても  きっと龍洸さんのたくましい背中を見ながら付いて来たんじゃないでしょうか。

    こういう言い方はあまり好きではないんですが、勝ち負けでいえば 勝ち組のしかもかなり羨ましいくらい上のほうって感じがします。

    龍洸さんのように生きたい!! って思って
    でも、それが出来ない人がいっぱいいると思うんです、そんな人の道しるべになっている龍洸さんの人生はきっとご家族、お子さんにも伝わっていると思います。

    是非一度陶芸喫茶にうかがいたいと思いながらも、世事に追われ時間がとれず仕舞いですが必ずうかがいたいと思っています。

    2007年11月04日 04:25
  • 龍の住人

    わはは~!


    って、笑えないです
    こういうの、苦手です
    男はなみだを見せぬもの~♪
    2007年11月04日 22:52
  • あまかざり

    龍・・さん

    ホントホント!
    涙をこぼしてる場合じゃないよね。
    男は家族のために立ち上がらなければ!

    行け!勇者よ(チョコッと頼りないけど)

    家族のために働くのだ!(男は辛いノ~)

    2007年11月05日 05:30