入子重ね鉢

三重 入子 鉢

画像

大 径19cm 中 径15.5cm 小 径13cm

今回、窯焚の前半で出した色見(テストピース)があまりに酸化に
振れていたので、怖くなり還元を強めにしていたら 
酸化銅を使った釉薬が こんなに赤い辰砂になってしまいました。

あまかざり工房の過去の作品を集めたアルバムを作りました

まだ整理していませんが、興味のある方は  覗いて見てください。

        「アルバム:あまかざり工房作品」 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 龍の住人

    窯焚きは何が起こるかわからないところが
    おもしろいですよね。
    2007年05月13日 12:14
  • きらら

    アルバムを拝見させて頂きました(*^-^*)
    とても素敵でさまざまな形や色ですね。
    感動しました!暫く見とれていた私です。
    あまかざりさんの展示会にお邪魔した気分になれました♪
    この形はどうやって作るんだろうとか、この花器の形は優しい感じで素敵!とか思いました。

    茶色い作品も松代焼なのでしょうか!?
    2007年05月13日 12:47
  • あまかざり

    龍の住人さん☆
    そーなんです毎回はらはらさせられます。
    でも大抵は自分のポカだったりするんですがね。

    きららさん☆
    ありがとうございます、アルバム見ていただいて。
    茶色のものは、焼き〆(自然釉)です。
    松代の土だけだと真っ黒になってしまうので、信楽の白い土と混ぜて使っています。
    2007年05月13日 15:39
  • トト

    アルバム見て溜息が出ました。
    やっぱりあまかざりさんは芸術家ですね。
    私も見とれました。
    ところで松代の土だけだと真っ黒になるとは知りませんでした(-.-)
    2007年05月13日 17:52
  • あまかざり

    あんまり 持ち上げないでくださいョ。

    陶房ひがしやまもこれから無限の可能性があります、 「継続は力」です。
    2007年05月13日 21:57
  • しむっぺ

    アルバムは、すばらしい作品で、エネルギーを感じました。

    あちこちに書込みをされているコメントなどを拝見しても丁寧に対応されていて、きちんと色々なことを整理されているのだなあと感じました。

    入子鉢は、設計図を描いて大きさ定めをしているのですか。

    陶芸Q&Aに記載されていた菊練について、ベテランぞろいなので、コメントが書けませんでしたけれども、週末サラリーマン陶芸者にとっては、下手な菊練よりも、アメリカ的なカット&ヒット式が空気を抜く方法としてはよいのかなあと考えています。

    松代の土は鉄分が多いのですか?
    2007年05月13日 23:20
  • きらら

    茶色のものは、焼き〆だったのですね!
    松代の土は松代専用の土があるのでしょうか?松代の土だと真っ黒になってしまうのですね。

    あまかざりさんに色んな事を教えて頂いて感謝しています(*^-^*)ありがとうございます!

    最近陶芸に目覚めてきた友達もあまかざりさんのアルバムを見て「スゴイ!芸術家だ!」と言っていました♪
    2007年05月14日 01:17
  • あまかざり

    しむっぺさん☆
    単に記録として残しておいた、つたないアルバムを見ていただき 過分な感想 恐縮です。

    この周辺には まとまった耐火土がほとんどなく、流紋岩質の未風化な耐火性の砂に周辺の粘土(赤土)を加えるのが松代の胎土です。
    周辺の赤土によって変わってはきますが、大抵かなりの鉄分が入っています。

    入子鉢:正直なところきちんと作ったのは今回が初めてでした。径はともかく高さをあわせるのがやっかいですね。
    そこそこまとまった注文を頂いたので、数を作ってからの出来合せでごまかしました。 テヘヘ。

    カット&ヒットも使いようで便利かもしれません。
    土練台の脇にそれ用の針金を固定して張っておくと、土を手に持ったまま切っては叩きつけるをくりかえせば お手軽です。
    あまり景気よくやると、粘土が飛び散りますが・・・ 
    2007年05月14日 05:17
  • あまかざり

    きららさん☆

    土については、上の方:しむっぺさんに書いた事を参考にしてね。

    (ヒドーイ!手抜き!)(ごめん。m(_ _)m )

    お友達も一緒に陶芸されるんですね、それはいい。
    仲間がいるのが一番です、楽しんでくださいね。

    2007年05月14日 05:23
  • きらら

    土については本を読んでもピンとこなくて殆ど何も知らないままなので、そうなのかぁ!と思いました。宮崎の窯元さんで、鉄分の多い土がないから困ると教えてもらった事を思い出しました。土から作るって、すごく大変そうですね☆
    2007年05月14日 22:20
  • しむっぺ

    またまた、丁寧な回答ありがとうございます。

    私は、黒い地が出したくて、先生に相談し、珪酸鉄を信楽の土に入れて練りこんだりしましたが、なかなかいい色が出せませんでした。

    また、入子も試してみましたが、とても大変なので、これではサラリーマン陶芸には割にあわないと今は断念しています。

    カット&ヒットで毎回、土が飛び散り、粘土まみれになっています。
    2007年05月14日 23:17