回想 我家のネコ 代々・ 確定申告

毎晩家に帰ってから帳簿整理をしていました。
今朝は4時半に目が覚めたので、その勢いで確定申告書を書き上げて、ようやく ポストに投函しました。
毎年毎年早くやらなくちゃと言いつつ、結局しめきりまぎわになってしまいます。

ところで、我家の代々のネコの中で一番印象が強いのは、3代目のけんたと4代目のサダ吉です。

画像

(各、写真をクリックすると大きな画面で見られます)
画像

僕が独立してすぐの頃に大岡村(現・長野市)の陶芸家 H氏がダンボール箱に生まれたばかりの子ネコを5匹詰めて 僕も参加していた物産展の会場に持ってきて出展メンバーにもらってくれと頼んでいて、僕も一匹引き取ることにしました。

のぞき込むと 他の白黒や三毛が箱のふちに手をかけ立ち上がって元気に鳴いているのに 一匹だけ皆に踏みつけられ放題のおとなしい白と茶がいた。
つまみあげると 図体は一番大きいくせに  気の弱そうな声で 
一声だけ鳴いた。それが けんた でした。

僕はその頃まだ親と同居していたので、母親が泥足で出入りするからと猫を嫌って 仕事場で飼え!と言うのだ。
しかし生まれたばかりの子ネコを置いて帰ってくるわけにも行かず
ずっと一緒に面倒を見るからと言う約束で許可をもらい、
それから けんた は毎日一緒に自動車に乗って通勤するネコになったのでした。

軽のワンボックスの後にはネコの座る箱と砂を入れたトイレ エサ箱が並び どこに出かけるのも一緒です。

しかし問題は僕が仕事休みの日でした。
その頃は ハンググライダーに夢中な頃で日曜日には必ず出かけていたのです。
しかたなく僕が空の上に居る間は、すぐそばにあるハングメーカーの
事務所のネコ好きな事務員の矢島さんが事務所の中で一日面倒を見てくれていました。(感謝!)
しかし毎回預けているわけにも行かず、ある時 もしかしたら喜ぶかな? と思って、猫用のハーネスを手作りして自分の胸の下に取り付けて一緒にハングで飛んでみました。

そこは上田市の近くのエリアで冬の季節風のおかげで長時間 フライトできる場所ですが 意外と言うか やはりと言うか けんた はお空の上がお気に召さないようで、テイクオフから僕の顔を見て泣き通し。
仕方なく 30分ほどで着陸して、後にも先にもたった一度のフライトを終えたのでした。

画像

仕事場にはネコの好きなお客様も多くいらっしゃって、けんたを見ると抱きたがるんですが けんたは人見知りが強く お客を見るとすぐに隠れてしまいます。

そこに行くとサダ吉は人見知りせず、逆にお客の気配がすると奥から飛び出してきてお客様の足に擦りつくのです。

ネコの嫌いなお客だと 大変です。

画像

人間で言えば おじいちゃんと孫のような2匹でしたが
けんたは 4年前 16歳で眠るように死んでしまい、
その半年後 サダ吉も病気で5歳の寿命でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • きらら

    どこに出かけるのも一緒のケンタちゃんだったんですね(^-^)ケンタちゃんとハンググライダー!ハングライダーを経験したネコちゃんは少ないのではないでしょうか。いつもあまかざりさんと一緒で幸せなネコちゃん達だったのだと思います(^-^)☆
    2007年05月11日 19:41